7月27日(火)「第6回JaM Media Session in Tokyo」を開催します。

先日のサッカーのワールドカップで見られるように、世界中の人たちはTwitterやFacebookといったソーシャルメディアを使って、ライブでその瞬間を共有し、会話を交わし、エンジョイしています。日本でのTwitterの利用率(アクティブインターネットユーザに占める割合)は16%で米国の10%を上回るほど広がりが生まれ、米国では6月のFacebookの利用者がネットユーザの71%を占めるほど、オンラインのユーティリティとしての地位が確立しています。そんなオンラインのOSともういうべきFacebookを中心に、ソーシャルメディアにおいてマーケターがいかなるマーケティング活動をして、ユーザとブランドエンゲージメントを構築しているのか?または構築すべきなのか?そういった観点で、皆さんとおしゃべりをしたいと思います。ぜひご参加ください。

JaM Japan Marketing主催「第6回JaM Media Session in Tokyo」:米国最新マーケティング事情-オンラインのOSとなりつつあるソーシャルメディアを通じてマーケターはどのようにブランドエンゲージメントを構築しているのか? またすべきなのか?

  • 日時:2010年7月27日(火)18時半開場、19時開演~20時半終了予定
  • 会場:株式会社東急エージェンシー、 2階大会議室
  • 定員:40名(応募者多数の場合は抽選とします。当選のみをご連絡します)
  • 受講料:7000円(当日領収書を用意しますので、お支払いの際にお渡しします)
  • 献本:参加者には『YouTube時代の大統領選挙-米国在住マーケターが見た700日のオバマキャンペーン』を差し上げます。

申込締切:7月23日(金)まで、メールでjaminquiry@jamjapan.com まで、お申し込みください。