Case Study: PR Approach - Thought Leadership

 

Thought Leadershipとは、単なる自社商品やサービスに関する情報ではなく、発信者が属する特定の分野において、将来を見据えたテーマや課題の解決策などを提案し、議論を巻き起こすコミュニケーション活動。日本ではほとんど耳にしないアプローチだが、米国では、マーケティング、コミュニケーション、PRなどの業務をたずさわっていれば、必ず耳にする言葉である。発信者は、そうしたConstructiveなコンテンツの発信によって、その情報に関心を持つメディアやそのオーディエンスとエンゲージが図れ、その分野においてReputationが得られる。その例としてContributed Article(寄稿記事)がある。JaMのパートナーで米国のPRエージェンシーVantage PRとともに、パブリケーションに働きかけ、彼らのオーディエンスにとって有益で意味のある記事を寄稿することによって、発信者(=クライアント)の価値と認知度を高めるという活動を行った。各々のパブリケーションは、冷静にその寄稿記事の質を判断し掲載した。

 

 「Thought Leadership」は時間と手間がかかり、すぐに目に見える効果が出にくいが、「深度のある質の高いエンゲージメント」へつながる可能性が高く、コミュニティの中で影響力のある人へのリーチアウトが可能となる。また鮮度に左右されないコンテンツは、時間がたっても納得させるだけのStrengthを持ち、発信者の信頼性は揺るがない。ポイントは、ターゲティング・オーディエンスが、その発信するコンテンツを「Social Currency」として、コミュニティにシェアしたいと思うかどうかである。