Hisami Up[2].jpg
 
YouTube 時代の大統領選挙 ( 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント)

YouTube 時代の大統領選挙 ( 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント)

 

大柴ひさみ: 共同創設者/ JaMパートナー

大柴ひさみは、女性広告営業のパイオニアとして16年間日本の広告代理店電通ヤングアンドルビカムに在籍。1995年の退社まで外資系企業の担当営業として、日本市場でのマーケティング活動に貢献し、担当クライアントを日本市場のNO1のポジションに導いた。

1995年米国に移住。広告代理店 McCann-Erickson San Franciscoを経て、1998年にJaM Japan Marketingを設立。日本企業の米国市場向けの新製品開発、グローバル市場向けのマーケティング戦略の開発・実施、さらに数多くの消費者・製品調査を手がけている。マーケターとしての活動以外に、執筆・講演活動も多く、35年以上のビジネス& マーケティングのキャリアと米国在住の利点を生かした、「リアルな米国マーケティング&コミュニケーションのInsight」は、社会文化的な側面からビジネスや消費者行動を分析し、他では得られないユニークな情報源として好評を博している。

2010年以来サンフランシスコと東京のad:techでは、スピーカー、パネリスト、モデレータとして5回登壇、2015年のiMedia Brand Summitでもモデレータとして参加、さらにad:tech tokyoのアドバイザリーボードメンバーも務め、日本のマーケティング業界のグローバル化に貢献している。

著書にはひつじ書房刊の「ひさみをめぐる冒険」 、東急エージェンシー刊の「YouTube時代の大統領選挙 – 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント」があり、雑誌「宣伝会議」や日経BPオンライン「米国ネットマーケティング茶話」などにコラムも連載していた。ブログ「ひさみをめぐる冒険」を執筆中。